海岸寺障壁画奉納

11月12日(金)に4月に取材を始めてから約半年かけて制作した障壁画三点を香川県多度津町にある屏風ヶ浦海岸寺へ奉納しました。収めた部屋は、旧多度津藩藩主京極氏をお迎えする京極上段の間です。上段の間床脇棚の扉にも二点描きました。作品は、多度津町の風景を題材としたものと、お寺に安置されている鎌倉期の不動尊像「金刀比羅不動迦楼羅像」をイメージして制作したものです

多度津町では、新企画として「たどつアートフェスてティバル」が11月20日より28日まで開催されます。多度津町ゆかりのアーティストで構成されるアートイベントで昨年私もゆかりの作家として招待されました。この企画に際して提案され奉納することが決まりました。作品は、このフェスティバル期間中には一般公開されます

屏風ケ浦山水図
多度津町鳥瞰図
金刀比羅不動迦楼羅炎

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。